リスケジュールとは

リスケジュールとは

リスケジュールとは、融資を受けている金融機関への返済が苦しくなった時や、資金繰りに困窮し資金調達の目途が立たなくなってしまった場合において、金融機関との直接交渉をもって、一時的に返済を止めてもらう、返済期間の延長をしてもらう等の返済計画の変更を申し出ることです。

リスケジュールを行なうと、月々の返済額が減る形になるので、結果的に、今までの返済額の資金を確保出来ることになり資金繰りに余裕が作れます。

しかし、リスケジュールを実行すると、金融機関から新たな融資を受けることが不可能になります。よって、借入れに頼ることなく資金繰りを管理していかなくてはなりません。経営者は、このリスケジュールを実行している間に、事業計画書に基づいた営業やリストラなどを実行して、効果的な経営の立て直しを試み、経営を健全化させるのです。

資金繰りが悪化した時、経営者自身は様々な方法で改善策を模索することになると思います。しかし、倒産の危機を感じているのに、リスケジュールを試みようとしない経営者の方もおられるのです。

それは何故かと言うと、リスケジュールに対しての勘違いからくるものなのです。リスケジュールを行なうと、当然新たな融資は出来ません。でも、それはリスケジュールを行なっている間だけの話なのですが、一度リスケジュールを行なってしまうと、今後一切、その金融機関から融資をしてもらえないと勘違いをしているのです。

資金繰りが回らなくなった場合に、まず、キャッシュフローをよく確認して、リスケジュールが可能かどうか考えましょう。
では実際、リスケジュールを行うにはどうしたらよいのでしょうか。

金融機関に出向いてリスケジュールを申し出ます

まず、金融機関に出向いてリスケジュールを申し出ます。その時に、口頭だけで説明やお願いをしても、リスケジュールに応じる返事はもらえないでしょう。必ず、資金繰り表や試算表を持参して、キャッシュフローを理解してもらうことから交渉は始めなくてはなりません。

そして、金融機関にとっても、リスケジュールに応じることが、今後において有利であるということを理解してもらいます。さらに、事業計画書や経営改善計画書、返済計画書も提出し、今後に対しての不安を払拭した上で交渉を進めることが、お互いにとって得策と言えます。

それからリスケジュールを行なう場合において、気を付けなくてはならない事があります。
融資を複数の金融機関から行なっている場合、債権管理回収における考え方の基本として、公平でなくてはならないということです。

よって、借入れをしている金融機関すべてに対して、リスケジュールを依頼することが重要なポイントとなります。
メインバンクだけでなく、全ての金融機関がリスケジュールに応じてくれるか否かにより、リスケジュールの結果が変わってくる場合もあるのです。

リスケジュールとは経営を立て直す為の猶予期間です。しかし、リスケジュールを行なっても経営に改善が見られない場合は、リスケジュールを続ける意味はなくなります。その場合は、新たな道、事業再生などを考えて行く必要があると言えます。